2001林道走り納め@山梨 +“とほほ”
LR(ランドローバー)オーナーの方々との初グループ走行、ツーリングそのものはほのぼの楽しかったものの、何とまぁ波乱万丈に満ちたことよ。
このツーリングの主催者であるリベットさんが、何とご自宅を出発早々都内環八で大事故に巻き込まれ参加不能に。代わりに今回「ほ」を誘って下さったTakeさんが全行程で先導役を務めることに(風邪っぴきだったのにねぇ、ホントにご苦労様でした)。その他ドタキャンもあったとのことで参加は5台。DiscoはTakeさんと「ほ」、そして“質実剛健”Defender110を駆るのがT隊長,F氏(&ご子息),I氏という6名でのツーリングでした。

全線行程

柏I.C.→(常磐道〜首都高〜中央道;途中、談合坂S.Aにて仮眠)→大月J.C.【集合】→(R.20)→道の駅甲斐大和→嵯峨塩裂石林道(舗装路)→日川林道(大菩薩鉢巻道路)→嵯峨塩裂石林道→(R.20)→勝沼→(県道*号)→塩山→(R.411)→柳沢峠→笠取林道→板橋峠(昼食)→帰路(R.411)→奥多摩→青梅【解散】→世田谷(実家)→柏
(黄文字はダート)

 例によって朝の早起きが苦手な「ほ」。というわけで柏を出たのは深夜の3時ごろ(そう、最新作の「おとながろう」をUPさせた直後です)。当然のようにガラガラの常磐道〜首都高を抜け、中央道の談合坂S.Aに着いたのが4時半ごろ。さすがに山間の駐車場なので、車中仮眠とはいえシュラフを持参しておいた為、7時半ごろまで暖かにグッスリ。
さて集合場所大月I.Cに着き、初対面の皆様と挨拶。そこで初めて上記のリベットさんの話を聞かされたのだった。
ともあれ出発。今回は事前に懸念されていた通り、多くの林道が10日あたりから既に冬季閉鎖になっており、各入口は全てゲートが閉ざされ南京錠までかけられている有様。その中で一行が選んだ道は、「ほ」も含め多くの林道愛好者(笑)が常用している“ツーリング・マップル”に載っていない道「日川林道」だった。


#1 中央道〜日川林道
1.中央道を西へ。まもなく集合場所の大月I.C.
2.集まりました5台。先頭がTakeさんDisco、続いて「ほ」(同色なんですよ)、通路をはさんでIさんの緑110、T隊長の白110、Fさんの青110。
3.R.20すなわち甲州街道を進む。写真は笹子町付近。
4.笹子トンネルを抜け、道の駅甲斐大和の脇を抜けて県道に。この道が嵯峨塩裂石林道への連絡路。
5.嵯峨塩裂石林道はこの辺りでは舗装された2車線道路。
6.最初の目的ダート、砥山林道入口。ところが冬季閉鎖でゲートが閉ざされており断念。
7.さてどうしましょうねぇ、などと言っている間に110の3ショット。何しろ日頃なかなかお目にかかれない名車ですからね。
8.付近の景観。下方に見えるのは上日川ダム。そして彼方には南アルプスが。
9.そして入り込んだのがここ日川林道。またの名を大菩薩鉢巻道路。
10.固いフラットダートで実に走りやすい道。前を行くTakeさんの巻き上げる砂塵が何とも雰囲気いいよねぇ。
11.なぁんて言ってると日陰部分は凍結してます。用心用心…
12.説明の必要もありませんね。美しきかな富士山!

続きを見る 「ツーリングレポ」入口に戻る