筑波連山“プチ”林道行
2002年最初の林道ツーリング。時間に制約もあったので、自宅から最も近い筑波方面へ夜明け前からいそいそと出発。筑波山自体は昨年10月に一度走っているので、今回は少々足を伸ばして筑波山の北に連なる山々の間を通っている小規模林道を訪ねてみた。


全線行程

柏・自宅→(R.6)→桜土浦I.C→(常磐道)→千代田P.A(仮眠)→千代田石岡I.C→(県道7号)→八郷町市街→(県道64号)→県道218号一本杉峠→林道丸山線(舗装路)加波山林道(仮称)→加波山神社,両引山登山路→(折返し、一本杉峠経由)→足尾山〜キノコ山→(県道7号)→千代田石岡I.C→(常磐道)→柏
(黄文字はダート)

 早朝4時、当然のように道はガラガラ。R.6水戸街道でずっと石岡市内まで行くつもりだったのだが、さすがに前夜から寝ていなかったせいか土浦手前で睡魔に襲われた。やむを得ず一旦、桜土浦I.Cで常磐道に上り千代田P.Aで仮眠。ま、高速代が休憩代みたいなものですか(笑)。


#1 水戸街道〜常磐道〜一本杉峠
1.朝4時台、R.6で利根川を渡る。進行方向正面は取手市。写真左手に進んでいくと「M」にたどり着ける。
2.仮眠から覚めて朝7時前、常磐道千代田P.A。少々曇り空。
3.千代田石岡I.Cで常磐道を下り、県道7号で八郷町へ。その後八郷町で進入した県道64号と218号との分岐点がここ。ツーリングマップルによるとこの県道218がダートと記載されているが…。
4.村落を抜けると…あれっ、マジっすか?「通行不能」だなんて。ま、とりあえず進んでみるか。
5.さらに進むと分岐点。正面はダート、当然ここは直進でしょ(笑)
6.路面凍結もなく、フラットで走りやすいダートです。
7.高度が上がり視界が開けるとご覧のとおりなかなかの良い景色。
8.お、ここまで来て再び舗装開始?左手には「真壁町」の標識。ここが峠のようだな。
9.一本杉峠。広いスペースは、歩行者の登山路も含めると六差路になっている。
10.峠の標識。おいおい、走行中の撮影がブレないのに、どうして下車して撮るとブレるんだい?(笑)
11.加波山方面への道には「林道丸山線」という名称が付いているらしい。こちらを進んでみることに。
12.峠を後にしてすぐに現れたのがこのオブジェ(?)「自由の楷」というものらしい…

続きを見る 「ツーリングレポ」入口に戻る