テストドライブ? 赤城越え“未遂”行

今年2回目として予定されていた「M」走行会が、雨天の為延期。某掲示板にて前夜からすでにその報を拝読していた「ほ」、何を血迷ったか(笑)雪を見にいつもの病気パターンで関越道に乗ってしまいました。


全線行程

柏→(常磐道・外環道・関越道)→上里S.A(仮眠)→渋川伊香保I.C→(R.353・赤城道路)→赤城山→(赤城道路・R.17)→前橋I.C(関越道・外環道・常磐道)→柏

 具体的な行き先を決めておらず、あやしい雲行きを見ながらとりあえず家を飛び出した未明4時。上里S.Aにて仮眠の準備をしつつ考えついた当初のルートは、赤城山を越えて小中新地林道を抜け、R.122で渡良瀬渓谷沿いを走りながら日光経由東北道で戻るというもの。ところが何のことはない。「ほ」号Discoが今履いているタイヤ(DUNLOP純正;4〜5分山)では、とてもじゃないがこの季節に走破するのは無理だと身をもって思い知らせれた。

1.朝7時、上里S.Aにて。雨の音でアラーム時計より20分ほど早く目が覚めた。しかしさすがスノーシーズン、早朝からSAは混んでます。
2.赤城山のふもとを走るR.353。うっすら雪化粧。
3.前橋の北に位置する富士見村で赤城道路に入る。10数年ぶりにこの道を通ったが、以前は有料道路だったのが現在は無料に。
4.高度が上がり、雨が雪へと姿を変えてきた。
5.滑り出したため、チェーン装着。
6.クルマで来れる山頂近く。このあたりで標高は約1400mだとか。プランではこのまま通り過ぎ、大沼へと向かうはずが…

7.写真6の箇所を過ぎてコーナーに差し掛かった際にスピン。1回転半キレイに回って停車。気温氷点下4度、完璧にアイスバーンとなっていた。これは4輪チェーンでないと無理か…。
結局山越えは断念し、そろーりそろりと来た道を下る。右写真は、往路では素通りした赤城道路途中にあるトイレ付き駐車場。この先約2kmほど走ると積雪も無くなり、ようやくチェーンを外す。それにしても、「備えあれば憂いなし」とは良く言ったものだ…。

全行程走行距離:約350km / 燃費:約6.7km/l

「ツーリングレポ」入口に戻る