春うららの房総林道(下見編)

某MLにて4月に開催を予定している「春の南房総林道ツアー」。それに先立ち、同じ千葉県は東金に住むFさんと予定ルートを下見に出かけた。これまで何度かルート設定についてメールでやり取りしてきた箇所を、実際に走ってみようじゃないか、というものである。
当日は天気予報の降水確率が5〜60%と報じられていたにも関わらず、幸い予定の林道探索中には1滴の雨にも合わなかった。4月の本番については、「ぜひご家族で」という触れ込みで呼びかけていることもあり、林道のみならず昼食場所の選定やらトイレの確認やらもチェック。なお且つなかなかお目にかかれない楽しい走行スポット=秘境も発見できたので、まずは万々歳かな(笑)
なお本頁用にFさんからも写真をご提供いただいております。ありがとうございました。

全線行程

柏→(R6・市川松戸道路)→原木I.C→(京葉道・館山道)→市原S.A→(館山道)→姉崎袖ヶ浦I.C→(県道24・R410)→三島湖→高宕林道(折り返し)→(R465・県道38)→名無しの林道秘境(折り返し)→戸面原ダム→田取林道志駒林道(折り返し)→(県道182)→林道山中線大山林道林道松節線(折り返し)→横尾林道高山林道柚ノ木林道(折り返し)→(R410)→白壁の湯→(R410・県道24)→姉崎袖ヶ浦I.C→(館山道・京葉道・東関道)→千葉北I.C→(R16)→柏

1)朝9時にFさんと市原SAで待ち合わせ早速出発。久留里方面へと車を進める。
2)姉崎袖ヶ浦ICから久留里方面へ向かう途中最初のコンビニ。4月の本番ではここを集合地点ということにいたしましょう。
3)JR久留里線踏切にて。実は「ほ」、隠れ“鉄ちゃん”なのだった。
(Photo by Fさん)
4)最初の目標、高宕林道の入口。この辺りは舗装されている。
5)雰囲気の良さげなトンネルが登場。房総の林道は、トンネルが多いことも特徴のひとつ。
6)やがてT字路に差し掛かる。と、右手は通行止の看板があるではないか。
7)T字路にはこのような案内板が。まずは通行止を避けて左(高宕林道支線)を進んでみる。
8)が、こちらは数百メートルでゲート閉鎖。やむなく先程のT字路に戻り、とりあえず通行止の先を行ってみる。
9)こちらは渓流沿いに走る快適なフラットダート。とは言え、前夜の雨のおかげでややマディな路面。
10)Fさんが撮ってくれた「ほ」号の後ろ姿。緑がキレイな季節になってきましたね。
11)林道に沿って流れる川、澄んだ水がきらめいてます。
12)「ほ」号Photo by Fさんその2(もういいってか…笑)路面がぬかるんでいるの、わかります?
13)しかし結局、完全に道をふさがれてしまいました。このゲートの先を見ると、崩落があったようです。
14)ゲート前のやや道幅が広まった所でUターンを余儀なくされました。
15)いったん林道の入口まで戻り、一般道で迂回。地図上での林道終点から逆行を目指すものの、こちら反対側も林道標識前のトンネルから先は通行止。断念せざるを得ません…
高宕林道は渓流沿いを走る雰囲気の良い道として期待していたが、4月のオフミ本番では残念ながらルートに組み込むのは難しそう。
さて次なる探索は、「ほ」がとある四駆乗りの方のサイトを見た際にレポートされていた「秘境」を見つけること。そのサイトには具体的な場所・地名が明記されておらず、レポ文章から「このへんかなぁ?」と類推してみたのだが、果たして…

続きを見る 「ツーリングレポ」入口に戻る