福島・いわき市周辺林道行(下見編?)

拙サイトの「Site-D」掲示板でやりとりしているうちに、「6月30日あたりにツーリングしましょっか」といった話が湧き出てきた。行き先は北茨城〜いわき方面が候補。
ということで土曜日の深夜にふと思いつき、日曜早朝に出発したのが今回のレポートである。
5市4町5村が合併して生まれた福島県いわき市は日本一の面積を誇る市。“市”とは言ってもその郊外は阿武隈高地にかかる緑豊かな地。標高は高くないものの、多くの林道が東西南北に走る魅力的な地方である。

乙次郎林道にて

全線行程

柏→(常磐道)→いわき四倉IC→(県道363)→銅山林道→(R399)→黒森林道三森林道→(県道35)→七曲林道(途中引返し)→乙次郎林道→(R399)→赤原遠山林道→林道福戸平線(舗装路)→平伏沼(折り返し)→子安川林道→(県道36・R349)→小野IC→(磐越道・常磐道)→柏

1)朝9:00、銅山林道の入口にて。この周辺の鉱山は今も現役操業中で、平日は発破も頻繁に行われているらしい。
2)すぐに出くわす分岐点。本線は左ですがここで一旦右に。
3)1kmほど進んだところで残念ながらゲート閉鎖。引き返して本線に進みます。
4)深い森の中を進み、なかなか視界は開けません。
5)ようやく視界が開けてこんな感じ。
6)林道出口。正面を横切るのはR399。
7)次の黒森林道入口。写真右側からやって来て、鋭角に曲がります。
8)この黒森林道と次の三森林道はそのまま繋がっています。先ほどの銅山林道よりも明るい緑のトンネル。
9)視界が開けると原野の真っ只中といった趣き。この辺りはもう三森林道です。
10)三森林道はきれいな渓谷に沿って走ります。澄んだ流れに釣り客もちらほら。
11)橋で渓流を渡った所での1枚。
12)三森林道出口。むしろこちら側から入るほうがわかり易いです。
13)三森林道を出て県道35号をしばらく北上すると七曲林道の入口に到着。ここはダム工事のため11kmほど走ると通行止との情報です。
14)七曲林道を2kmほど進んだ地点。ここで「ほ」急に思い立ち、引き返すことに(理由は次ページです)
15)七曲林道を早々に引き上げ、県道をさらに北上してやってきた乙次郎林道の入口。1本のダートとしては本日最長になる延長17kmの林道です。
16)県道から入るとすぐにダートが始まります。
17)木々の間から垣間見える遠景。
18)幅広のフラットダートで走りやすい路面。
19)と、いきなり道が舗装になりたどり着いたのが「乙次郎集落」でした。
20)集落を過ぎると再びダート。その前よりもやや荒れた様子。
21)いくつか分岐点がありましたが、いずれもゲートに閉ざされていました。
22)この林道の「ツボ」。なんと民家の母屋と納屋の間をこの林道は横切っています。母屋では普通に人が暮らしておりますがさすがに写真を撮るのは控えました(笑)
いわき四倉ICを下りたのが朝8:20ごろ、そしてこの乙次郎林道を出たのが午後1:00ごろ。時間を考えるとまだまだ走れますね。そこで、乙次郎林道の出口;川内村から次の林道を目指していくことに。まずはどこかで昼食(といってもまたおにぎり&カップ麺ですが…笑)