山形・秋田県境のロングダート走行未遂(?)

5月の帰省時に通ることの出来なかった、朝日スーパー林道および奥山手代林道を今度こそ走ろうと、お盆帰省に合わせて計画。しかし8月に入ってから東北地方は連日雨模様。そして今回の出発時にも新潟県内走行中に豪雨に遭遇したこともあり、朝日スーパーは走行を断念。
山形滞在中にわずかばかりの時間が確保できたので、奥山林道の一部のみ走行することが出来ましたのでご紹介いたします。
東北第2の高峰(2,236m)、鳥海山

1)林道入口。山形県八幡町のもっとも奥にある集落、升田集落を通り抜けるとたどり着けます。この近辺には地元では有名な玉簾の滝もあります。
2)進入してまもなく現れた手書きの立て看板。4〜5日前に立てられたばかりのようです。
「警告」の割には「お控え下さい」と、やや腰の低い文章。
3)杉林を颯爽と抜けるフラットダート。前方からやってきた対向車はインプレッサでした。
4)しばらく走ると視界が開け、渓谷に沿って走ります。この川は日向川(にっこうがわ)、下流の方では酒田市と遊佐町の境を流れている大河。
5)雨の影響で、両路肩にも水が流れていました。進行方向先に、道路に向かって小さな滝が落ちているのが見えます。
6)上の写真を撮ったところで写した日向川。水量が増し水煙が立っています。
7)写真(5)にあった滝付近。入り口からは7km弱というところですが、この日時間に制約があったため後ろ髪を引かれながらもこの地点でUターン。右写真は滝のアップです。
8)帰る途中、ちょっと気になった支線に入って見つけた、歩行者用のつり橋。渡ろうかなとも思いましたが、周辺至る所にアブがいて襲いかかってきたためあっけなく退散。
ちょっと見つけた時間の合間に訪れてみた奥山林道。秋田との県境を越え「手代林道」と名を変えて走るこの道は、全線走破すれば30kmにも及ぶロングダートです。今回は時間の都合でやむなく途中で引き返しましたが、次回はぜひとも全線走ってみたいと思っています。