集合地点;常磐道土浦北ICにほど近いコンビニにて。中央のラト赤コアラ110がキリン号

New110 舐め回しミ inつくば

水戸在住のキリンさんが8月にめでたく110オーナーに。この近所ではまだまだ少ない正規輸入車ということもあり、ぜひClubメンバー達の舐め回すような視線で新車を見ましょうというのが今回のオフミ実施の発端。当初はせいぜい10台程度かなと思っていた参加台数も、当日ふたを開けてみると17台の大所帯
(Disco3台、110が11台、90が2台、CRR1台)。
いわゆる学校の夏休み最後の休日を、まったりとデイキャンプ三昧で過ごしました。
(今回も、隊長,PB各氏に写真を分けていただきました。多謝!)

主な行程(自宅〜集合地点間は除きます)

土浦北IC→東筑波ユートピア仙郷林道鬼ヶ作林道つくば湯→桜土浦IC

1)集合地点のファミリーマート駐車場。すでに異様な雰囲気(笑)に包まれています
2)手前のポリバケツブルー110はPB号ではなく、水戸のKさんの年代モノです。んでPBさんはというと…
3)PB氏のもう1台の愛車CRRで登場。もぉ〜あれほど紺のブレザー着用って言ったのに(笑)
4)ともあれ、予定のメンバーが揃っていよいよ出発。「ほ」は先頭を走行、ミラー越しのコンボイがスゴイです。
5)目的地の東筑波ユートピア入口にさしかかり、まさに大渋滞。コンボイしんがりのPB氏撮影。
6)デイキャンプのサイトは貸切状態で陣取り。
7)「ほ」が用意したDO料理は中華風蒸し豚。豚バラ1.5キロを塊のまま弱火で30分蒸し、ねぎ、にんにく、しょうが、鷹の爪を醤油、オイスターソース、酢等のブレンドに漬けた自家製ダレでいただきます。
8)こちらは「あぶくま」に続いて飛入参加してくれたEYさんによる野菜蒸し。この他、Takeさんがジャンバラヤ、雨男さんはローストビーフをそれぞれDOで振舞うという豪華なランチでした。
9)ランチを終えたら併設の4WDコースでお遊びです。調理場を撤収する「ほ」とTakeさん、久々の双子2ショット(笑)by PBさん
10)こちらが4WDコースの入口。屋根の向こうは傾斜25度のヒルクライム。とはいえ、コンクリート舗装されちゃってたりして(笑)
11)鬱蒼と木々が生い茂る中の狭いコース。手前の可憐な花と、その下を走るゴツい岩石号との絶妙なコントラスト!
12)隊長撮影による「ほ」号。左リアブレーキランプが切れてます(恥)
13)頂上付近の行き止まり箇所。こりゃUターンはひと苦労。
14)隣写真の場所で振り向くとこのような景色。ここはパラグライダーの発着ポイント。この日ここに、上空を飛んでいた2名が転落する事故がありましたが、幸い軽傷で済んだとのこと。
15)復路、最も急斜面と思われるポイントを走行する「ほ」号(隊長Photo)。
16)同じ箇所を下りてくる代官号。
17)岩石号も続きます。
18)白いボディに鼻面のウィンチが重そうなEY号。
19)Takeさん、決して悪気は無いんです。ただシャッターを押すのがちと遅れちゃったのよ、許してね(はぁと)
20)隊長Photoによる同地点でのTake号。しかしその前にいる3人(「ほ」、岩石D氏、お代官)は万が一轢かれても文句の言えぬ位置に…とても褒められたものではありません、反省。
21)「ほ」号とどめのボケ。行き止まりの道で立ち往生。右は崖、左は壁。何度切り返してもズルズル滑るばかり。と、…あ、デフロック忘れてました(恥)
小さな山中で迷路さながらに入り組んだこのコース、難度としては全般的に初心者向けと言えるでしょう。要所要所でコンクリート舗装されているのが惜しいです。あれが剥き出しの土ならばもっと面白みは増すでしょうね(雨or雨上がりにはつらいだろうけど)なお、ここでTakeさんやPBさんら数台が都合のため離脱となり、残るメンバー10台で近隣の林道を走りました。
22)筑波山裏側の中腹を走る仙郷林道入口。
23)道端で朽ちた林道の標識。ちなみにダートは4km弱。ひたすら林の中を縫うように走り、視界が開けない道。
24)ほんの僅かに視界が開け、西日が射し込みます。手前は愛想をふりまくかわいい専務(笑)
25)2本目の林道、鬼ヶ作線。
26)フラットで走りやすいダートですが、すぐにアスファルト舗装となってしまいます。広大な関東平野を見下ろせる景観なだけに惜しいですね。
鬼ヶ作林道出口からどうも道を間違え、遠回りをしてたどりついたのが「つくば湯」。ちょっと入浴料が高めでしたが、のんびりとオフミの汗を流すのには格好の温泉でした。
全行程走行距離:約160km / 燃費:約4.7km/l