福島県舘岩村「唐沢峠」付近にて(2日目)

「紅葉の会津ミ」1泊ツーリング

千葉の“代官”さんとかねてから計画していた、会津方面でのツーリングがようやく実現(参加台数:Discoが2台、110が7台と正規110納車待ちのGolf1台)。もっとも「ほ」自身は、事情により一時は参加を断念せざるを得ない状況だったが、幸い全行程を皆さんと共にすることが出来た。天気こそ1泊2日の両日雨に降られはしたものの、美しい紅葉や名物の蕎麦を満喫。そして何より、参加した仲間の皆さんとの触れ合いが心に沁みた2日間でした。
(なお、写真は「ほ」が写したもの以外にもご提供をいただいております。リベットさん、代官さん、うぐいす号さん、提供感謝です)

主な行程

1日目:柏→(R16・県道17)→結城→(R50・R4)→矢板(集合地点)→(県道74・63・273)→東古屋湖→西荒川林道→(県道63・R121)→龍王峡(昼食)→前沢稲ヶ沢林道安ヶ森林道→舘岩村→シルクバレーキャンプ場
2日目:シルクバレー→唐沢峠→(県道350・R352)→田島町(昼食)→七ヶ岳林道→駒止峠→大窪林道→舟鼻峠→(R400・R121・R400)→上塩原温泉→(R400)→西那須野塩原IC→(東北道)→岩槻IC→(R16)→柏

1)集合地点である矢板市内のコンビニ駐車場にて。
2)予定の全車が揃い、いよいよ出発です。
3)1本目の林道、西荒川林道の入口。前方で橋を渡りきろうとしているのはねず号。ねずさんはこの夜、めでたくHNを改名することとなりました(後述)
4)西荒川林道は終始フラットダートの走りやすい道。
5)途中にある名勝「大滝」の前で小休止。
6)これがその大滝。名前ほどでかくはないのですがなかなか勇壮な姿です。
7)さ、先を進みましょうか。前を走るのは、はるばる愛知の瀬戸からオフミ初参加のよこさんDisco。
8)これはうぐいす号さんPhotoによる「ほ」号。
9)西荒川林道出口。この沿道は高度もそれほど高くないせいか、紅葉はもう少し経ってからといった様子でした。
10)ルームミラー越しに、「ほ」号の後ろを走るうぐいす号を写してみました。
11)今回のツーリングでは昼食は自炊やコンビニ調達ではなく、時間節約を考えて外食に。ここはR121沿い龍王峡の傍にあるお店。名物の“ゆば蕎麦”を賞味。
12)食事の後は、8月に一度訪れた前沢稲ヶ沢林道へ向かいます。R121から県道に折れると、道はぐっと高度を上げていきます。
13)前沢稲ヶ沢林道入口。前を行くのは、おなじみリベット号。
14)途中、沢に下りられる箇所があり、みんなでクルマを停めて小休止(=撮影タイム?笑)。
15)沢から離れると、道はどんどん高度を上げていきます。荒れた路面も多数ありましたが、8月通行時に比べると整備の手が進んでいました。
16)そんな整備された広場での集合写真。
17)同じ箇所を後ろから、ちょっと煽った構図でもう1枚。
18)どこかの工事車両がどさくさに紛れ込んでおりました(爆)
19)と、冗談はさておき紅葉に見え隠れして走る専務号、絵になります。
20)フラットダートを颯爽と走るリベット号。
21)後半は舗装工事の真っ最中。そして8月よりもダート延長は短くなっていました(残念)
22)前沢稲ヶ沢林道を走破し、県道を湯西川温泉方向に進むと、すぐに今度は安ヶ森林道です。こちらも8月レポで紹介したとおり、栃木県側は舗装化されています。
23)栃木県側は停車なしで一気に県境の峠を越え、やってきました福島県。
24)終点が近づいたところで、左に折れる分岐点を曲がってみます。
25)そこは林道に沿って流れる沢を渡る地点でした。代官さん、うぐいす号さんは既に向こう岸へ到着。これからリベット号が渡河します。
26)次は「ほ」号の順番だぁ(嬉)
27)「ほ」号の渡河シーンでございます。
28)専務号がこういう所を走ると、やはりキャメトロを連想させますね。
29)向こう岸はちょっと広場になっており、混み合いながらも全車が停められるスペースがあります。ここから林道支線が続いていますが今回はここで引き返しました。次ページには引き返す各車の様子をご紹介。