中2週間、再び早朝「S」プチミ
前々週に引き続き、再びTakeさんの声掛けで、早朝7時の「S」プチミ開催。昼前から雨との予報もあったが、幸いアタック中は降られることもなく満喫。大勢によるオフミも楽しいけれど、こういう集まりでは少ない台数の方が良いかも。
「ほ」号はニュータイヤのオフデビューが出来ました。

飽きない面々、この後もう1台…

1)今回はV字溝には長居せず、最初からバケツ付近でお遊びです。
2)車体を倒して喜んでいる(?)saito号。
3)「ほ」号はタイヤをMT2に履き替えて最初のオフ。
4)LR乗りは対角がお好きの図。
5)そう言えば、今回は前々週に比べるとバケツの水量が非常に少なく、泥濘でトラクションを失うことは皆無でした。
6)「登ってみてよ」の声にそそのかされその気になる「ほ」号。Takeさんにデジカメを託してのトライ。
7)これまで履いていたオッテレに比べ、圧倒的にトラクションが優れているMT2。これは嬉しい!
8)だけど右手で何やってんだろ、オレ???(全然記憶にない)
9)ともあれ、すんなりクリア。ここでもリアタイヤの踏ん張りに明らかな差を感じてニンマリ。
10)こちらsaito号足元アップ。相変わらず美しい縮み。
11)んで、先ほど「ほ」号が登ったポイントに挑みます。
12)このポイントは、saito号や「ほ」号のように車高を上げたDiscoが、ギリギリでどこも当てずにクリア出来るいい物差しですね。
13)所変わって、車幅ギリギリの泥からよじ登るポイント。まずはsaito号がアタック。
14)実は右フロントタイヤのあたりは、ほとんど直角に近い状況です。
15)フロントは登るも、リアがどうしても登れず。
16)ここでTake号がウィンチでレスキュー。って、ウィンチを使うほどの箇所ではないのですが、ウィンチの筆おろしをしたかったのねん(笑)
17)当然のごとく、容易に助け出されたsaito号でした。
18)土壁のおかげでドアにはすり傷が…
19)続いて「ほ」号もアタックします。
20)狭いルートのおかげで、修正しようとするステアリングが勝手に戻されてしまいます。
21)ちぃとてこずるも、前輪は登れました。が…
22)ここまで来れても、やはりリアがついてこれず断念。レスキューは受けずにそろりそろりと後退です。