春は名のみの奥秩父ツーリング

「ほ」にとっては珍しく、というか初めて、自分以外にLR車が1台もいないツーリングにお誘いをいただいた。日頃ネット上でお付き合いさせていただいているチェロキーオーナーのきたやまさんの声かけによる、埼玉・秩父方面の林道ツーリングである。
当初の予定では、埼玉県の大滝村と群馬県の上野村を結ぶ新たな完抜林道・上野大滝林道と、関東有数のスーパー林道、御荷鉾林道を中心とした壮大なロングツーリングのプランだった。
が、前夜雨中に出発し、朝7:30に現地大滝村の「道の駅」に着いてみれば、4月にもかかわらず大雪。予定は大幅な変更を余儀なくされたのでした。

R299群馬県志賀坂峠にて
左から、しまさん@ウィザード、おーつかさん@XJ、「ほ」、
紅一点のともさん@XJ、ハラダさん@XJ、はやたさん@XJ、きたやまさん@XJ

主な行程

柏〜(R16・常磐道・外環道・関越道)〜花園IC〜(R140)〜道の駅大滝温泉(集合)〜上野大滝林道(途中引返し)〜金山志賀坂林道(途中引返し)〜道の駅大滝温泉〜(県道37・R299途中昼食休憩)〜志賀坂峠(引返し)〜(R299・県道37)〜御岳山林道(ピストン)〜道の駅荒川村〜R299(途中奥武蔵グリーンラインを狙うも断念)〜飯能〜(R299・R463・R17・外環道・常磐道)〜

お疲れ様でした〜
1)集合場所の道の駅大滝温泉。写真でもわかるように既にぼたん雪が舞い散る寒い朝。
2)R140から中津川に沿って走りいよいよ上野大滝林道へ。
3)入口から程なく素掘トンネル2連発のポイントに到着。この先の高度上昇を考えると更なる積雪が予想されるので、残念ながら引き返すこととしました。
4)「ほ」号のフロントマスクがしっかり着雪しています。
5)先頭のきたやまさん。辺りの景色にクルマが保護色と化しています。
6)下車して撮ってみた素掘トンネル、その1。
7)素掘トンネルその2。
8)トンネル手前が広場になっているのでここでUターンです。
9)戻りがてらで1枚。
10)同じ場所でフロントから。
11)来るときにも通った八丁トンネル方面との分岐点。左が今戻ってきた上野大滝林道。今度は右側、金山志賀坂林道を目指してみます。
12)程なく表われる林道の標識。しかし結局こちらも積雪のため同様に引き返すこととなりました。
13)一旦集合地点の道の駅に戻ってプラン練り直しに。「ほ」がコーヒーを入れることとしたのですが…っつうか、こりゃストーブ品評会そのものですな(笑)
写真左から、しまさんのMSRドラゴンフライ、隣が「ほ」のExponent、その後ろにはきたやまさんのRadius No.43と「小ブス」ことPhoebus725、コーヒーポットが乗っかっているのが「ほ」のOptimus 123Rスベア。
それにしても、HPで存じていたものの、きたやまさんのコレクションには恐れ入るばかりです(笑)
ここでの休憩後は、ツーリングマップルにも掲載されている名物の「わらじカツ丼」を食べに小鹿野町の「安田屋」へ行ってきました。美味!
14)昼食後、仕切り直しとしてR299で県境越えをすることに。県境の志賀坂トンネルが見えてきました。が、ご覧の通りの積雪…。トンネル向こう、群馬県側にある広場で引き返すことに。
15)戻りつつ、来る途中に目星をつけていた御岳山林道に進入。ようやくダートが走れます。
16)御岳山林道標識。R140とR299を繋ぐ県道37から入れるピストン林道です。
17)カーブミラー越しの「ほ」号。
18)時折り停止してめいめいが写真撮影。前方のはるか上に見える道をこれから通っていきます。
19)しまさん撮影による「ほ」号の後姿。
20)登坂する「ほ」号。これもしまさん撮影。
21)こちらははやたさん撮影の「ほ」号&しま号です。
22)土曜日で作業車もいたため、邪魔にならぬよう何度か停止。
23)とも号、「ほ」号、しま号によるトリコロール(笑)
24)見下ろすと、先ほど通ってきた道がはるか下方に。
25)行き止まり箇所では作業進行中。手前で引き返しました。写真は帰り道の1枚。この道が完成するのはまだ5年はかかるそうです。
26)道の駅「荒川村」で休憩の際に集合写真。
R299で帰路を辿る途中、並走する奥武蔵グリーンラインを目指してみましたが、アプローチの舗装路がすでに30cmほどの積雪。そこではスタック劇もあったのですが残念なことに参加全員が写真を撮り損ねてしまいました(んー、いつもだったら遠慮なく助ける前にデジカメだったのだが)
その後R299飯能市内のファミレスでまったり食事&おしゃべりに興じた後帰路に就きました。