梅雨の合い間に… 好天の群馬ツーリング

4月に「雪の秩父」へ出かけた皆さんと、その後も折に触れメールでやりとりをしていた時分、「ほ」の言い出しっぺで実現したのが今回の群馬ツーリング。
昨年2度ほどソロで訪れた同地、今回は「梅雨の最中」とは思えないような晴天のもと、のんびりまったりのツーリングを満喫してまいりました。
参加台数は6台…きたやまさん@XJ、しまさん@UCS、ハラダさん@XJ、ともさん@XJ、おかざきさん@元XJで今回納車したてのハリヤー、それに「ほ」。
きたやまさん、しまさん、ハラダさんからも写真ご提供いただきました(Thanks!)
小中新地林道にて__

主な行程(「ほ」宅から集合地近辺までは省略します)

関越道嵐山PA(集合地)→本庄児玉IC→(R462、R122)→小中新地林道→根利牧場→(県道62)→薗原ダム→(R120)→利根村林道平川線林道真菜板倉線(ピストン)→(県道64)→花咲の湯→(県道62・R120)→沼田IC→(関越道)→東松山IC(解散)

1)梅雨の合い間にカラッと晴れた土曜日。林道に差し掛かる前に小休止した、道の駅「くろほねやまびこ」にて。手前のハリヤーが光ってますねぇ。
2)同じく左写真の向かいに停まったハラダ号ときたやま号。
3)最初の林道、小中新地林道に進入しました。「ほ」には去年の夏以来まる1年ぶりの道です。
4)このような小規模の崩落はありましたが、走行には全く支障ありません。
5)林道内での最初の小休止は、砂防ダムの前にて。
6)きれいな水の流れが気分まで清々しくさせてくれます。
7)木洩れ日は、初夏に比べるとはるかに強く照らすようになってきていました。
8)途中のつづら折れは舗装化されています。前年に比べると舗装された距離は確実に延びていました。残念。
9)再びダートが始まったコーナーを登ってくるハラダ号。
10)目映い緑に見え隠れする真紅のとも号。
11)さらに高度を上げるといよいよ視界が開けてきました。
12)澄んだ青空が気持ちいいねぇ〜
13)サイドミラー越しに1枚。このあたりも小規模な崩落があります。
14)やって来ました。見事なV字をかたどった切通しの峠です。
15)景観としては、振り向いたこちら側のほうが優りますね。
16)峠を越えると、林道はみるみる高度を下げ終点へ。ここは新地林道との分岐点でもあります。
17)その新地林道側をのぞいてみましたが、既に最初のゲートが閉鎖されておりました。この道をずっと進めば、あの栗原川へ行けるんだけどなぁ…
18)左写真17は「ほ」が現場まで歩いて撮ったものですが、きたやまさんはご自分の目でも確かめたいご様子。
19)結局この分岐点脇にある広場で昼食をとることにしました。ここは昨年秋にソロで訪れたときにも食事をとった場所でした。
20)手前で「ほ」がDOを炭にくべている間に、おかざきさんは豚汁を、ともさんはグレープフルーツジュースを振る舞ってくれました。炊飯はハラダさんご担当。
21)今回のDOメニューは、スモークチキン&くんたまです。なかなかいい色に仕上がってくれました。
22)食事から雑談へ…ひとしきりまったりと過ごした後に再出発。
23)ハラダさん撮影による「ほ」号の後姿です。
24)根利牧場に到着。牛たちが奥の小屋近辺に寝そべっています
25)牧場を後にし、ダートが終わると里道を下りていきます。
26)県道を経由した後、薗原ダムへ。まったり過ごしたランチタイムのせいか、しまさんは眠気と闘っておりました。