福島・いわき方面のプチツーリング

110-Clubの専務ことK氏、及び隊長ことT氏と共に、福島県の平田村を来訪。それは9月に控えた110-Clubの全国ミーティング候補地としての下見でありました。
午前中のうちに下見はひと通り済ませたので、午後は近隣の林道をちょろっと走ることに。しかし撮影をなまけていたので枚数はごくごく少ないものとなってしまいました。
ということで縮小サムネイル無しでご紹介いたします。

福島県平田村 蓬ヶ岳キャンプ場
(注、110-Clubの方へ。本レポ執筆現在、開催地は未定です。念のため)

主な行程

柏〜(常磐道)〜守谷SA(集合)〜磐越道いわき三和IC〜(R49)〜蓬ヶ岳キャンプ場〜平田村ジュピアランド〜(R349)〜小野町(昼食)〜(県道66・R49)〜鶴石山林道折松林道〜(県道20・県道14〜湯本〜いわき湯本IC〜(常磐道)〜柏

1)午前中の下見の後、向かったのは鶴石山林道。ところが最初、入口がわからず2度も同じ箇所をうろうろさまよう羽目に。
2)2度目で見つけた林道入口の標識。
3)鶴石山林道は適度なクッションを伴った上質のフラットダート。ついつい速度が出そうになるのをしばしば抑えるような走りでした。
4)前日群馬を訪れた晴天とは打って変わって、朝方雨にたたられていたこの日、終始曇り空だったのは幸か不幸か…
5高度を上げていくと、沿道の草の柔らかな風合いがなかなか心地よい気分にさせてくれます。
6)尾根沿いの景観が開けた箇所で小休止。
7)鶴石山林道の終点は、そのまま次の折松林道へ接続しています。
8)折松林道の、支線との分岐点。
実はこの林道でほとんど写真を撮っておりません。前半の鶴石山林道に比べると、鬱蒼とした林を走るのが折松林道。しかし先を進んだところで湯本の町並みが一望できる広場に出くわします(おいおい、そのぐらい写真撮っとけよ)
林道を出た後、湯本温泉の公衆浴場で汗を流し、そのまま常磐道で帰路を辿っていきました。
あー、全然中身のないレポで申し訳ないっ!