久々のソロ・ツーリング…早春の迷宮林道

ソロ・ツーリングに繰り出したのは、まるまる1年近くのご無沙汰。真冬のこの時期、走れる地域は限られているのですが、今回訪れた北茨城〜福島いわきの県境付近は、比較的雪の影響をあまり受けない地方。また、数多い林道を走り繋げばダート延長距離も充実。
ということで、朝6時に地元・柏を後にし水戸街道をひたすら北上していったのでした。
幸いにして好天に恵まれ、なおかつ季節外れの暖かさにも包まれて、気持ちの良いツーリングを存分に満喫してまいりました。
同地域は昨年4月にも訪れ(ツーレポNo.39参照)、今回も何本かは同じ道を走っていますが、前回通らなかった林道も盛り込んでみました。
仏具山頂の電波塔

主な行程

柏〜(R6・常磐道)〜日立南太田IC〜(R349,県22)〜君田林道(途中閉鎖折り返し)〜猿喰林道岡見林道支線〜(県111)大平林道〜(県27)弥太郎林道横川仏具林道〜(R289)四時川林道〜(R289,R349,R118)〜道の駅だいご

1)出発直後のR6水戸街道。これは牛久市付近ですが、柏出発直後から土浦にかけて、全線濃霧で視界が全然ない有様。ちと時間のロスになるのを惜しみ、土浦から常磐道利用。
2)常陸太田南ICで高速をおり、やってきたのは…あ、こりゃ4月に探った廃道ではないですか。行き止まりは承知ですがちょっとのぞいてみようかな、と。
3)凍った残雪がありますが上に乗るとすぐに割れる程度のもの。前回あったはずのキャンバーは、埋められたのか見つかりませんでした。
4)こちらも前回走った猿喰林道の入口。今回は一旦見過ごして県道を先に進みます。
5)一旦高萩市に入ってすぐ、君田林道の入口に差し掛かりました。早速進入しましたが…
6)ダートを約1kmほど進んだところで無情のチェーンゲート閉鎖。やむを得ず引き返し、先ほどの猿喰林道を進むことにします。
7)道幅充分、路面もよく整備の手が入ったと思われるフラットなダートです。
8)雲ひとつない晴天に思わずニンマリ。
9)この分岐、本来は左へ進むと承知はしていましたが、右側に何の規制もなさそうなのでまずは右を選んでみました。
10)日陰ではアイスバーンになった箇所が多数。轍は比較的新しそう、このまま進んでどこまで出るかなと思いきや…
11)途中で行き止まりになってしまいました。結局先ほどの分岐点まで戻らねばなりません。
12)…といった寄り道を交えながら、最初の猿喰〜岡見林道(支線)を出て舗装路の岡見本線に出てきました。
13)県道111に合流し、福島県塙町側をしばらく進むと、左手にダートが。躊躇なく進入してしまいました(笑)
14)引き締まったフラットダートはあまり勾配もなく、いつもよりちょっとスピードも上がってしまいます。
15)およそ4kmほど走ると分岐点に差し掛かりました。
16)その分岐点の道端にあった道標で、ここまで走ってきたのは大平林道という名称だったことを知りました。
17)さて、県道27に出た後、4月にも走った弥太郎林道を目指します。これはその入口で熊ノ倉林道という名称の道標があります。
18)弥太郎林道も深い林に囲まれた日陰が多いせいか、残雪が凍結していました。ちょっと滑ったものの、気温の高いこともあってかトラクションを失うほどではありませんでした。
19)新緑や紅葉の季節に比べると、色彩感はやや乏しいこの時期。でもこれもまたいい味だと思うんだなぁ・・・
20)そしてやって来たのは印象深い「林道の交差点」。写真手前側の横川林道を前回通りに進むのですが、今回はその途中から経路が変わります。それは次頁にてご紹介。

続きを見る