最終日、晴天下での集合写真(プラス3台の計10台参戦でした)

埼玉〜長野林道ツーリング&3rd廃道ミ

京都のちょろQさんことO氏の旗振りで企画された3回目の長野廃道ミ。季節はすでに梅雨入りして天気も危ぶまれていたら、案の定金曜日から雨・・・
今回「ほ」はその金曜日に休暇が取れたため、奥秩父のそのまた奥、埼玉県と長野県を結ぶ唯一の道として名高い、中津川林道経由でのんびりと現地入りしました。その林道ツーリングの模様も含めてレポご報告です。
なお、廃道アタック部分については、フリランさん&ちょろちゃんからも写真提供をいただいております(Thanks!)

主な行程

柏〜(常磐道・外環道・関越道)〜花園IC〜(R140)〜大滝村〜中津川林道〜川上村〜南相木村〜滝見の湯茂来林道野営地
※2日目は廃道アタック
野営地滝見の湯〜川上村〜中津川林道〜大滝村〜(R140・R299)〜狭山日高IC〜(圏央道・関越道・外環道・常磐道)〜柏

以下、写真はクリックすると大きなサイズでご覧になれます
1)朝6時台の外環道。すでに雨がちらつき、ご覧のとおりフロントガラスに水滴が映っています。
2)R140の中津川にかかる橋。この辺り、R140から眺める景色は非常にダイナミックなものです。
3)国道から脇にそれた県道も、今年から新しい道に生まれ変わりました。写真左下、川の対岸に見えるのがかつての県道で現在は工事通行止です。
4)道なりに進み、いよいよ中津川林道のダートが始まります。
5)深い緑の中を走る林道は道幅も充分なフラットダートです。
6)道に沿って流れる中津川。首都圏の方にはお馴染みである荒川の上流にあたります。
7)望遠でもう1枚。雨模様ながら、水はよく澄んで透明度も高そう。
8)ゴツゴツと険しい岩肌が剥き出しになった素掘りのトンネルを抜けます。
9)中津川の渓谷から離れると、林道は高度を上げてきます。
10)と、覚悟はしていましたがガスが立ち込めてきました。
11)ガスの影響で、高度を上げるにつれ視界が悪くなってきます。
12)視界が晴れれば、きっと雄大な風景を拝めるだろうにとも思いましたが、まぁこれもちょっと幻想的で良いかな、と。
13)ダートを15km以上も進んだ先にゲートがありました。ということはそろそろ県境の三国峠かな…
14)三国峠に到着。標高1,828メートル、埼玉県と長野県の県境になります。
15)こちらは長野県側。昨夏キャンプにも訪れた廻り目平のある川上村です。林道はここから先は舗装路。
16)長野県側を降りて行く途中に、ゲートで閉鎖された相木川上林道の分岐がありました。出来ればここも通りたかったなぁ。
17)林道を出て、一般県道経由で隣の南相木村に入り、昨年6月にも訪れた「滝見の湯」で休憩。¥350というお手ごろ価格でキレイな浴場の温泉を満喫できます。
18)場内の食堂では地元産のそばから作ったつなぎ無し十割の「相木そば」が賞味できます。そばの薫りが口中に広がって幸せ〜♪
19)滝見の湯を後にして北上。隣の北相木村に入り、茂来(もらい)林道に入りました。
20)ダート開始部。この辺りで、途切れ途切れにちょろちゃんからの無線が飛び込んできました。
21)茂来林道は、この北相木村と、茂来山をはさんで北側の佐久町(佐久市とは別)にそれぞれ分かれて走っています。ちょろちゃんをあまり待たせても悪いので、今回は北相木側のみの走行です。
22)こちらでも高度を上げた箇所ではご覧のとおり霧模様。ちょっと墨絵を思わせるような幽玄さが感じられます。
23)途中に出くわした分岐点。左は工事通行止との看板あり。
24)この茂来林道も終始充分な道幅のあるフラットダートでした。
25)さて、昨年11月以来の野営地に到着。ちょろちゃんは明日アタックする廃道へ下見に。地元のすだこさんが来るまで、とりあえずの2ショットです。
26)サイトの裏手に広がる白樺林。
27)夕飯前に小腹が空いたので、近頃マイブームの「じゃがりこマッシュポテト」を作って食べました。
28)日が暮れてランタンの出番。毎度おなじみパイルドライバーの登場です。
29)夕飯にはちょろちゃんが焼肉を振舞ってくれました。薄切りならぬ厚切りカルビに舌鼓。
30)その匂いを嗅ぎつけてか(笑)仕事を終えたすだこさんが10時過ぎてようやく到着。雨も降っていたので、タープの下でささやかに酒盛りをしながら夜を楽しみました。
夜も更けて、銘々が眠りについた後、3時過ぎぐらいに小用で外に出てみれば、ちょうど到着した隊長と猿党氏に遭遇(もぉ、人のおしっこをライトで照らさないでよぉ〜)。
「飲もうよぉ〜」とからむ隊長を無視し(笑)二言三言交わした後に再び眠りにつきました。

続きを見る