乾徳山南林道傍 大平牧場にて

山梨・長野・群馬・埼玉…四県跨ぎの“はしご”ツーリング

当サイトで林道ツーレポを紹介するようになってから間もなく、ネット上でお知り合いになったサーフ乗りの山男さんが旗振りのオフ会に初参加。山男さんとは長くやり取りを重ねながらも、ようやくご対面が実現。山梨北部の林道を中心に、車種もお人柄も(笑)様々な皆さまと楽しいツーリングを体験しました。
そのオフ会は1泊2日の企画だったのですが、「ほ」は初日夜遅くに退散。翌日はXJ乗りのきたやまさん&ともちんに合流して、前日の真北界隈を探る林道ツーリングとなりました。

主な行程

[1日目]柏〜(R6・首都高・中央道)〜談合坂SA(仮眠)〜勝沼IC〜(R140)〜道の駅牧丘〜大平牧場(集合地)〜乾徳山南林道(ピストン)〜(R140)〜東山中部林道一ツ木水ヶ森林道水ヶ森林道〜クリスタルライン〜乙女高原(昼食)〜川上牧丘林道〜川上村〜信州峠〜増富の湯〜みずがき林道(舗装路)〜瑞牆山(野営地)〜信州峠〜川上村〜(県2)〜南相木村〜(武道街道)〜ぶどう峠〜道の駅上野(車内泊)
[2日目]道の駅上野(集合地)〜中ノ沢林道(ピストン)〜ぶどう峠〜北山林道(ピストン)東山林道茂来林信濃沢林道茂来林道(途中離脱)〜小海町〜(R141・県68)〜中津川林道〜(R140・R299他)〜狭山市(夕食)〜(R16)〜柏

以下、写真はクリックすると大きなサイズでご覧になれます
1)朝5時の中央道談合坂SA。前夜に荷造りをして当地で仮眠。
2)R140沿い、道の駅牧丘にて、今回参加のおなじみ代官さん&うぐ2さんとまずは落ち合い。この後、集合地点の大平牧場にて、旗振りの山男さん他、参加の皆さんと対面しました。
3)大平牧場のすぐ脇から、本日1本目の林道、乾徳山南林道が走ります。
4)すぐ前を走るのはうぐ2号。そして・・・
5)ルームミラー越しのすぐ後ろを走るのは代官号。って、これじゃ普段のオフミとあんま変わらないやん(笑)
6)乾徳山南林道からのぞむ風景。夏の入道雲が逞しいですね。
7)うぐ2号の前は、先頭から旗振りの山男さん@サーフ、笑遊さん@ジムニー、ちたんさん@デリカ。
8)同林道は約7km少々で行き止まり。初めからピストンと承知していれば、復路の景観も楽しめるというものです。
9)2本目、東山中部林道の道標。
10)こちらはすでに大半が舗装化されており、ダートは4kmほど。
11)そのダート部分。前を走るのはちたん号。
12)続いては、一ツ木水ヶ森林道。
13)その途中で小休止の図。山男さんがダート上でマクロ撮影に興じています。
14)少々並び順をかえて、先頭を走る山男さんのすぐ後ろについてみました。
15)つづら折れの地点で写した後続のうぐ2号。
16)一ツ木水ヶ森林道の終点は、そのまま次の水ヶ森林道に接続します。
17)この水ヶ森林道も舗装化が進んでおり、ダートは残すところ2km弱となっています。
18)水ヶ森林道からクリスタルラインを経て、昼食地の乙女高原駐車場に来ました。
19)駐車場の向こうはこんな素敵な場所。ところが昼食の最中からポツポツ雨が。撤収をしているうちに本降り、いや土砂降りになってしまいました。
20)川上牧丘林道山梨側を走行中の模様。前を走るのはDEEさん@デリカ。折りからの雷雨で周辺はこんなに真っ暗。
21)2千メートルを超す最高部、大弛峠でも雨は止まず、長野県側のダートに差し掛かってようやく小降りに。
22)途中の広場の辺りで幸い雨は止みました。この地点で気温はなんと12〜3度。すずすぃ〜♪
川上牧丘林道を出た後、川上村内のスーパーで買出しに。そこで再び大雨到来。
23)川上村からは県道で信州峠を越えて再び山梨県側に入ったのですが、その県道がご覧の通りの冠水状態。短時間の凄まじい集中豪雨だったことがよくわかります。
24)雨をしのぎつつ、ようやく増富温泉で疲れを癒す有り難いお湯に。
25)増富の湯を出た後は、当夜の野営地瑞牆山方面へ。写真は野営地から見上げた荒々しい瑞牆山の様子。
26)そのアップ。男性的な岩肌はロッククライマーがしばしば挑むそうな。
27)同じ場所から、反対側すなわち長野県側をのぞみます。
28)少々の時間の経過で、夕焼けの色合いはこんなにも変化。雲の絡み合う美しさはため息が出るばかり。
当地でタープを広げて晩餐のはじまり。「ほ」はDOで得意の(ワンパターンとも云ふ?)タンドリーチキンなんぞを振る舞いつつ、楽しいひとときを過ごしました。途中からはデリカ乗りの4ALさんと2輪でロングツーリングがら帰り途中のkenkenさんも合流。さらに盛り上がるところでしたが、「ほ」は翌日の“別メニュー”が控えていたため、後ろ髪を引かれながらもここで離脱。街灯も無く真っ暗な長野佐久地方の県道をひたすら東へ走ったのでした(次頁に続きます)。

続きを見る