マキノ高原キャンプ場

西へ集結60余台 第5回110-Club全国ミーティング

前年から地区ごとに幹事持ち回りとなった110-Clubの全国ミーティング。関西組が幹事の今回は、琵琶湖北端に位置する滋賀県マキノ高原が会場。昨年の第4回同様60数台が集結、しかも北は仙台のはぎさん、すずきさんはもとより飛び入り参加の北海道のM田さん、そして南は半袖氏ことOさんまで文字通りの全国集結、大きな盛り上がりを見せました。「ほ」は開催前日の金曜日から出発、同行の専務、D山殿との珍道中(笑)もご紹介します
また、隊長ことT氏が提供してくれたDL機能付き掲示板のデータを借りまして、書けそうなところでは、参加した皆さまの動きも文中に盛り込んでみました(隊長Thanks!)
(今回写真は縮小サムネイル無しでご紹介します)

1)金曜の昼下がり、R1を西に進む3台。太平洋駿河湾を横目に前を走る専務号。静岡県の沼津から掛川までは下道での〜んびり。


14:29「出撃は明日午後かも(-.-;)」by隊長
15:11「ガッツ親父とつるんでます」byハンちゃん(すでにマキノ現着)
2)「ほ」の後ろを走るD山号をミラー越しに。
しかし、静岡県は東西に長い!退屈で眠くなったため、掛川からは東名に乗りました。そしたら名古屋手前で東名は渋滞…参った。


最南端鹿児島志布志から半袖号17時発。
18:42志布志湾から出たところ、走行距離2km(笑)
3)東名〜名神と高速に乗り継ぎ、岐阜大垣から山越えの国道を進むことに。その峠手前にある道の駅でまずは1泊。
歩道に椅子とテーブルを出し、酒盛りを始めるオヤジ3人。夜中の1時過ぎまで続いたその下劣な笑い声は、他のキャンパー、峠族、トラックのみなさんも呆れたことでしょう。


21:40 仙台のはぎさん出発
01:14 はぎさん新潟県新発田市
01:45 夜出発のうぐ2号、静岡で渋滞にハマる
4)道の駅の朝6時。ここから1時間半ほどで、目指す滋賀県マキノ高原に着けるのですが、そこは悪いオジサン3人。直行はせず、朝の爽やかな空気にのって、日本海側を目指してしまいました。


05:56 半袖号、和歌山県沖。未だ走行距離2km
06:40 はぎさん石川・金沢のなぎさドライブウェイに寄り道
07:15 お代官率いる「チームえいぼん」東名沼津付近走行中
5)そして8時過ぎ、日本海側福井県の敦賀に到着。ここの魚市場で食材を求め、食堂が開くのを待って海鮮丼に一同舌鼓〜♪


08:25 半袖号、大阪上陸
09:18 はぎさん、なぎさドライブウェイでキャンターをレスキュー&助手席の女の子に見とれる(爆)
09:51 「チームえいぼん」うぐ1号大雨の中、雨漏り発生
6)マキノへは国道を通らず、黒河マキノ林道を走りました。道幅充分の走りやすい林道ですが、過日の台風の影響か、峠をはさんだエリアでは大きなクレバスがいくつもあって走り応えがありました。


10:13 半袖号、京都東ICから下道へ
7)峠近くには支線も分岐。そこを進んだのですが立ち往生。それは…


10:44 ふり乱、木之本(マキノ町の隣)に到着
8)行く手を阻む大岩のためにここで引き返しです。すでにこの辺りで、マキノから無線で飛ぶ皆さんの声がワッチ出来ていました。


12:49 「チームえいぼん」、木之本到着
9)キャンプ場入口にある温泉に先に立ち寄った後、2時ごろようやく会場到着〜。大きな輪を描いて停めた車はとても1枚の写真には収まりません。(これのみ写真をクリックすると大判でご紹介〜)


14:51 隊長ようやく出発
10)目線を移してこちらも110だらけ。写真右に見えるのは撮影に興じているShinくんUmiちゃん夫妻。


16:11 はぎさん、リベット号ちゃんぷ号と共に到着
21:01 隊長ようやく到着


移動実況中継はこれでおしまい

11)(ここらへん、完全に撮影をサボってます)中部組の皆さんと酒宴で盛り上がった翌朝。我々3人に、後から合流した隊長も交えたこのタープは、どうやら皆さまから「無法地帯」とのレッテルを貼られていたそうな・・・(^▽^;)
12)前夜は料理をすっかりサボった「ほ」、朝からランチの仕込みにかかっています。
13)全体ミーティングのために椅子を持ち寄り集まってくる参加メンバー。大人子供総勢では軽く100人を超えています。
14)関西組元締(?)のガッツ親父とS原さんによってミーティングが進行。もろもろの表彰もあり、「ほ」は『DO大賞』なんぞをいただきました(照)
15)昨年好評だったクルマ綱引き。今回は子供チームも結成されて大賑わい。取材で参加されたLRM編集長も引っ張り出されてました。
16)アトラクションを終えてランチタイム。無水カレーの振る舞いですが、あっという間にむさぼられてしまった・・・

※予想外に反響の声をいただきましたので、憚りながらレシピなんぞを作ってみました。
こちらをクリック〜♪
17)食事の後のフリータイムを利用して、4人(隊長は専務号に同乗)に加え鹿児島へ帰る半袖号はプチ林道ツーリングへ。ただし、お目当ての栗柄河内谷林道はダートを2kmも進まないうちにゲート閉鎖。と、そこで専務が枝道をみつけて廃道アタックに。
18)路面?んなもんなぁ〜んも見えません。道幅はギリギリ、ブッシュはお友達(笑)
19)切り返さなければ通れぬつづら折れをいくつも登ったところで、路肩崩落のためおしまい。
20)運転席側は崖、助手席側のわずかな空間を使って一同転回。結局来た道を戻って、琵琶湖沿いにあるスーパーへ買出しに。その間キャンプ場ではイベント(アクシデント?)があり、その模様が無線からも聞き取れましたが、まぁそれはここでは伏せときましょう(笑)
21)夕暮れのキャンプ場。ちょっといい感じ。
しかし夕方の温泉は人が一気に集まって芋洗い状態でした・・・
22)この夜のうちに発つ「ほ」、出発前に焼肉をごちそうになりました。
開催前(最中も?)多少の物議をかもした全国ミですが、大自然の下に集まったメンバーたちからは笑顔ばかり。これが何よりの醍醐味だよねぇ〜♪(集合Photo by ちょろちゃん)
因みに仙台のはぎさんは月曜夜22:00帰着、鹿児島の半袖号は火曜の昼帰着だそうな…
さてさて、次回来年は北海道での開催!行けるのか?オレ(^▽^;)