富津市 金谷元名林道

予想外の雪景色 南房総ソロツーリング

先月の黒姫ミは現地で体調を崩し、「遊び」としては非常に不満の残ったもの。それからちょうど1ヶ月が過ぎ、日帰りでひょいと走りたくなりました。春の雰囲気を求めて前月に続き房総…それも未踏の林道を求めて出かけました。
ところが当日はいわゆる「寒の戻り」。普段は首都圏よりも温暖な南房総が、なんと雪模様。まぁそれも風景を味わうには良しとして、午後は別のお目当て(後述)に費やすため、昼過ぎまでのプチツーリングを満喫しました。

主な行程

館山道木更津南IC〜(R127)〜林道金谷元名線〜(R127・県道258)〜林道増間線(ピストン)〜(県道258)〜林道畑塩井戸線(ピストン)〜(県道258・R410・R465)〜高宕林道(崩落通行止)〜(R465・県道93・県道32)〜林道養老線(舗装)〜林道女ヶ倉線(舗装・途中昼食引返し)〜林道大福山線〜林道戸面蔵玉線(舗装)〜小湊鉄道養老渓谷駅〜(R465)〜同上総中野駅〜(R465)〜いすみ鉄道総元駅〜(R465・R297・R16)〜柏

以下、写真はクリックすると大きなサイズでご覧になれます
1)朝の内房R127。右手に海を眺めながら南下すると、正面の山に茂っている木々が白い…南下して「雪」ですか?実は南房総には、条件が重なると独特の気候で降雪するそうな。
2)最初の林道、過去にも数度走った事のある金谷元名線の起点。間違いなく、木々は雪に白く染まっています。
3)ダートが開始してほどなく到達する、東京湾を見下ろせるポイント。
4)正面に見える煙突3本は、久里浜付近でしょうか。このあたりは東京湾の東西が最も狭いエリアのため、対岸の神奈川県三浦半島が近くに見えます。
5)それにしても、房総の林道で雪景色に遭遇するとは全く予想していませんでした。
6)竹岡林道との分岐点。写真右奥が竹岡林道の起点になります。今日はパスして金谷元名線をそのまま進行。
7)木の枝に、申し訳程度に乗っかっている、小さな雪の塊。
8)風向や地形の影響で、雪が片側のみに集まっています。積雪はせいぜい2cm程度かな。
9)保田側に立つ、“お馴染み”林道表示付き電柱。
10)R127に再び出ようとする直前の踏み切りで、館山に向かう特急「さざなみ」とばったり。
11)今回は、これまで未踏のピストン林道2本を訪ねることがお目当てのひとつ。こちらはその1本目、林道増間線の起点。
12)増間ダムの脇からダートが始まります。
13)こちらでも積雪。葉っぱの上に盛られた砂糖のようにも見えます。
14)写真右下に流れる沢に沿って、徐々に高度を上げていきます。
15)路面は荒れた箇所がほとんどないフラットダート。上流にある滝の見物やハイキングコースなど観光の要素があるせいなのか、整備が行き届いている印象です。
16)やがて「坊滝」への展望台に通じる遊歩道に到着。
17)階段をいちばん下まで降りて滝を撮影。滝の落差は23mとのこと。
18)先述の遊歩道口からまもなく、林道は行き止まりになります。転回には充分なスペースでUターン。
19)続いて、増間線と近隣する畑塩井戸線に進入。
20)先の増間線に比べると、明るく視界の開けた箇所が多い林道です。
21)ひとしきり高度を上げたところで、枝を雪に白く染めた並木(?)の間を進みます。
22)途中に出くわす広場は開けた景観がなかなか見応えあり。「ほ」号の隣に普通乗用車が見えるとおり、終始フラットダートで走るのには全く支障のない林道です。
23)ちょうどその広場に着いたあたりから、それまでずっと止んでいた雪が降ってきました。
24)広場から少々進むと、こちらも行き止まり。正面に見える木の先は絶壁(!)です。
25)畑塩井戸線を退出してR410に出た頃から大粒の雪に。ところが少々北上すると、カラリと晴れて青空も見えたのだから不思議です。
26)さて、久々に「渓流と素掘トンネルを満喫できる」高宕林道を訪ねてみましたが、残念ながら崩落のため通行止。ここは過去3度ほど入口を覗いて、1度しか走れたことがありません(悔)
27)しばし国道と県道を走り繋ぎ、大福山にやってきました。写真は、大福山線に連絡する舗装林道女ヶ倉線の途中にある東屋。
28)この東屋で昼食をとることに。毎度おなじみの鍋焼きラーメン。食後にコーヒーを入れたのは言うまでもありませぬ(笑)
29)大福山線起点。写真左側は昼食をとった女ヶ倉線です
30)ほどなくダート開始。すれ違いにも苦労しない、充分な道幅が確保されています。
31)ちょうどこの写真の辺り、あと数週間もすれば満開の桜に囲まれた美しいエリアに変身します。
32)房総林道の特徴でもある、地層がくっきりと描かれている壁が右側に確認できます。
33)途中「加茂線」という支線の分岐があるも、チェーンゲートにて閉鎖中。
34)ダート終点。2kmほどのショートダートですが、これも近い将来舗装化されてしまうのでしょうか。
35)大福山線終点。右奥から左手前にかけて走っているのは、舗装林道の戸面蔵玉線。
36)戸面蔵玉線を北西に進むと、やがて小湊鉄道の養老渓谷駅に出ます。
今回のツーリングではこの先もお目当てだったわけですが、ここまでの林道レポとはだいぶキャラ(?)も異なるので本レポでは割愛します。ま、言うなれば「鉄ちゃん」モードに切り替わったってところか(^^;
一部写真はBlogにてご紹介しておりますので、よろしければそちらもご覧下さい。